本文へスキップ

在宅復帰に向けてリハビリの専門スタッフが支援します。

お問い合わせTEL.011-873-2345

〒003-0869 札幌市白石区川下577-9

ぼだい樹通信 【181号】

今年も残すところあとわずか、今年最後のぼだい樹通信となりました。
ぼだい樹は、今年も多くのご家族様にご協力をいただきまして心より感謝を申し上げます。また、来年もより良い施設を目指し職員一丸となって頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。


【国民健康保険被保険者証の有効期限にご注意を】
国民健康保険被保険者証の有効期限が平成25年11月30日となっています。
新しい被保険者証をまだ施設にご持参されていないご家族様は、お手数ですが早急に当施設までご提出をお願い致します。※医療機関にかかる際に必要となりますのでご協力をお願い致します。


【電気ストーブ設置】
事務所前、娯楽室前にストーブを設置しています。面会時にご自由にお使い下さい。使用後は、電源の消し忘れのないようお願い致します。
ヒーターはガラス製ですので、強い衝撃が加わると割れる恐れがありますのでお取扱いに注意願います。

1月誕生会のご案内

日 時:平成26年1月15日(水) 15:00-15:45【2階】
日 時:平成27年1月16日(木) 15:00-15:45【1階】
   ー1階と2階の合同誕生会ー
場 所:娯楽室にて
   ーご家族様の参加をお待ちしておりますー

土用事務のお知らせ

12月 7日 お  休  み
12月14日 1F 支援相談員 1名
12月21日 2F 支援相談員 1名
12月28日 介護支援専門員 1名
 1月 4日 お  休  み
 1月11日 1F 支援相談員 1名
 1月18日 2F 支援相談員 1名
 1月25日 介護支援専門員 1名

◎都合により出勤日、担当者が変更になる場合がございますので、ご了承ください。

1月行事

新年会
気が付けば新しい年がもうすぐそこまで迫ってきています。ぼだい樹では新年最初の行事として恒例の「新年会」を各階ごとに行います。
今年は例年までのバイキング形式とは異なりますが、お正月らしい豪華な食事を予定しております。
また余興も各階それぞれ企画しておりますので、お時間のあるご家族様には是非参加していただければと思います。参加希望の方は各ステーション、または事務窓口までお声かけください。たくさんのご参加をお待ちしております。

■1食800円 ※支払いは当日窓口でお願い致します
■1家族2名様までとさせていただきます
■参加締切:1階⇒ 12月24日(火)まで
      2階⇒ 01月10日(金)まで

行事ご報告

東川下小学校交流会
10/29、11/13、11/20の3回にわたり、東川下小学校との交流会を開催致しました。
11/13は東川下小学校の学習発表会を見学させていただきました。

子どもたちがこの日のために一生懸命練習した学習発表を、“小学校”という普段行く機会のない場所で見ることによってその感動は大きかったと思います。子どもたちに合わせて少し低い目線に作られた校舎内。どこか懐かしさを覚えながら、皆さんそれぞれの思い出と重なったことでしょう。

10/29、11/20は東川下小学校の子どもたちをお招きし、折り紙やカルタなどの昔懐かしい遊びを一緒に行ったり、歌やリコーダーの演奏などを聞かせていただきました。一緒に活動をしている姿は、昔の遊びを孫に教えている姿にも見え、とても温かい時間の流れを感じました。合唱も昔懐かしい歌や、現代で歌われている私たちの知らない歌も、一生懸命歌ってくれているのを感じることができ、心に響くとても素晴らしいものでした。

昨今、家庭環境の変化や時代変遷により高齢者と子どもたちの関わりが薄くなることが危惧されるようになってきました。ご家族様や私たち福祉従事者だけが高齢者に関わるのではなく、地域において広い世代間での交流は相互に良い影響・刺激をもたらすと考えられ、今後もますます重要視されます。

今後の東川下小学校との交流も楽しみに、また大切にしていきたいと考えています。


●インフルエンザについて

インフルエンザの季節になりました。

毎年12月から3月頃にかけて猛威をふるい日本だけでも年間およそ1000万人かかる病気です。インフルエンザはいったん流行し始めると短時間で一気に広がるので注意が必要です。一般的な風邪に比べて進行が早く、重症化しやすいのもインフルエンザの特徴です。
特に気をつけなければならないのが高齢者や乳幼児で、ひどいときには命にかかわることもあります。抵抗力の弱い高齢者や乳幼児がインフルエンザにかかると、持病が悪化したり合併症を引き起こしたりすることがあるので注意が必要です。
突然高熱が出たり関節が痛くなったりするのはインフルエンザの兆候ですが、場合によっては普通の風邪と区別のつかないこともあります。調子が悪いと思ったら早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

<インフルエンザの感染ルート>
飛沫感染・・・感染した人が咳やくしゃみをすると水滴(飛沫)が飛び、それを別の人が吸い込むと感染してしまう。
接触感染・・・感染した人がウイルスのついた手で周りのものに触り、そこから別の人に感染するもの。


●インフルエンザを〔うつさない〕〔うつされない〕ために

★マスク・・・インフルエンザにかかった人がマスクをするほうが感染を防ぐ効果が高いといわれていますが、感染しているかどうかにかかわらず常に着用するように心がけましょう。口から鼻まで完全に覆って隙間ができないようにしましょう。使用後のマスクは放置せず、すぐごみ箱へ捨てましょう。

★手洗い、うがい・・

外出から帰ったら、こまめに手洗いしましょう。洗い終わったら清潔なタオルできちんと拭き取ることも忘れずに。ウイルスを死滅させるためには、アルコール消毒も効果的です。うがいには、喉を潤わせることでウイルスが体内に侵入しにくくする役目があります。手洗いと一緒にうがいも習慣づけましょう。

★予防接種・・・
ワクチン接種には、インフルエンザが発症する可能性を減らす効果と、発症したときに重症化を防ぐ効果があります。一般的にワクチンの効果が続くのは5ヶ月ほどです。抗体ができるまでに2週間ほどかかるので早めの接種を心がけましょう。


●第20回家族会

さる11月13日、第20回家族会が開催されました。朝に雪が舞い、寒い中19名のご家族様にご参加をいただきました事、改めてお礼申し上げます。
今回のテーマは、『高齢者のスキンケアと褥瘡の原因と予防について』でした。
内容は、最初に冬場に多い老人性乾皮症の症状や原因、スキンケアのポイントを説明しました。その後、褥瘡(床ずれ)の出来やすい体の部分を実際にベッドに横になった職員の身体で確認して頂いたり、褥瘡予防マットに触っていただくなどしました。
また、私物を利用されている入所者のご家族様には、摩擦の少ない綿100%の下着を出来るだけ用意して頂きたいことや、足首を締めつけない靴下を選ばれるようお願いしました。臀部の皮膚への負担を少なくする褥瘡予防クッション(低反発クッション)の紹介も行ないました。
今後も皆様の知りたい情報を提供していきたいと思っておりますので、ご意見やご要望を  遠慮なくお聞かせください。

●年末年始・外出泊のお願い

当施設では、入所者様に出来るだけ多くの外出及び外泊の機会を、ご家族様と一緒に過ごしていただきたいと思っております。年末年始、ご多忙な時期かと思いますが、年に一度の大晦日、お正月を入所者様と家族団欒にて過ごされ、素晴らしい思い出を作られてはいかがでしょうか?是非ご検討をお願いします。

≪外出泊の注意事項≫
@必要な医療の提供は、原則的に施設内で実施することとされています。
外出泊時に医療機関に受診する時は、必ず事前に当施設の職員(看護師)へご相談ください。(緊急時は除きます)
A外出泊中少しでも様子がおかしい(食欲がない・熱っぽい・反応が鈍い等)と感じた場合は、お早めに当施設までご連絡ください。
また、環境の変化にて混乱したり、突発的な行動に到る場合もございますので、常に所在確認と見守りをお願いいたします。
B帰所時間の変更や外泊日数の変更については、まずはお電話でご相談ください。(お薬、お食事の準備がございます)


【編集後記】

早いもので今年も師走を迎え、また一つ歳をとるのかと、ため息をついています。

それとともに、一年無事に過ごせたことに感謝し、

よい年の瀬を過ごしたいと思っております。

(編集委員)


社会医療法人共栄会
WEBサイト札幌トロイカ病院

https://www.kyoueikai.or.jp/